腐ったミカンの方程式 その2~校長室での三者会談にて - 3年B組金八先生2と加藤優(直江喜一)のファンサイト

腐ったミカンの方程式 その2~校長室での三者会談にて

スナックZでの話し合いの末、何とか加藤優の不良仲間からの理解を得ることができましたが、

その一方で、

肝心の桜中学校では、未だ金八先生以外の先生方からは、加藤優を何とかしようという姿勢は感じられません。しかしながら、少なくとも学校の経営者でもある君塚校長先生や管理職である野村教頭先生の理解・協力は必須です。

加藤優を、教職員全員が受け入れていこうとしてるわけではない現状、何とかしようと校長室で金八先生が涙ながらに校長、教頭の両先生に訴え協力を仰ぐシーン。

金八先生の熱い言葉、その熱意にもはやお二人とも腹をくくらざるを得ません。

そんなことがあったとはつゆ知らず、相変わらず加藤優は松浦悟とぶつかっています。

【管理人のつぶやき】

★30年前はこのシーンを見て、校長先生も教頭先生も何てひどい人たちなんだと思っていましたが、お二人の仰っていたこと、改めて見てみると全くの正論ですね。

★「それは学校教育の理想です。」校長先生のこの一言は、学校経営者の核心を突いていると思います。

★教頭先生の仰ってることは正論ですね。

★教頭先生「問題が起きたとき担任としての坂本先生の評価に繋がりますから」
 ↓
 坂本先生「その代わりそのときはこの学校要覧から飾りだけの文章は文句は取っ払って下さい」
 ↓
 校長先生「考えておきましょう。今度は私も腹をくくり直さないといけないようですね」

※上記のやりとり、凄いです。現実社会ではなかなか言える言葉ではないですね。


コメント
非公開コメント

No title

君塚校長の人間の大きさを感じました。君塚校長を演じられた赤木春恵さん自身に近いキャラクターではないでしょうか(たしか渡鬼の姑役と自分とは全く違うキャラだとどこかのなにかで聞いた気がします)。

2013-06-06 11:08 from atushikun2 | Edit

トラックバック
Copyright © 3年B組金八先生2と加藤優(直江喜一)のファンサイト All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます