金八先生ファイナルダイジェストその5 - 3年B組金八先生2と加藤優(直江喜一)のファンサイト

金八先生ファイナルダイジェストその5

kassyさんが教えてくれる
【3年B組金八先生・ファイナル〜“最後の贈る言葉】第5弾

詳細はこちらからどうぞ

kassyさんのファイナルダイジェストもいよいよ佳境に入ってきました。今回はkassyさんが書いて下さった金八先生の言葉をご紹介します。

『多少方法論が間違っているからといって、我々はそれを難しすぎるといって、落ちこぼしていいんですかね?

いや、いま逃げ出したらいかんのです。いま教師は、逃げ出したらいかんのですよ。何がわるかか、なんば大事にせないかんか。
 
それば今、教えてやらな つまらんとですよ! ボクは不器用やけん、ちゃんとできんかもしれんけど。ボクは真っ正面から子どもたちと話し合ってみるつもりです。

確かにお前たちは精神的に迷惑を被ったかもしれん。しかしな、一番つらい思いをしてるのは浅井だぞ?

宮沢という男は、みんなよりもほんのわずか先に愛というものを知り、それを胸にしっかりと抱きしめて、そして背負った男だと……先生思うんです。』

金八先生のこれまでの言葉の中でも、ぐっと熱いものが込み上げてくる名言です。

本当はこのサイトでもご紹介したい金八先生の名言はたくさんあるのですが、シリーズ2を中心に皆さんにお伝えしてきましたので、今回kassyさんにご紹介いただき本当に嬉しかったです^^

あと、1.7mガードについて詳しく教えてくれてます。普通知らないですよね。こんなことまで。kassyさんの情報収集力には毎度のことながら驚かされます。

ありがとうございました。


コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 3年B組金八先生2と加藤優(直江喜一)のファンサイト All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます