金八先生2の裏話 - 3年B組金八先生2と加藤優(直江喜一)のファンサイト

金八先生2の裏話

★武田鉄矢さんは撮影中「加藤優に主役の座を奪われんじゃないかという恐怖心があった。だからカメラが二人に迫ってきたときに(加藤優がテレビに映らないよう)ちょっと押した。」と冗談交じりに述懐しています。それくらい加藤優の存在が大きかったということだと思いますが、もちろん加藤優を演じた直江喜一さんの演技力がずば抜けていたということはいうまでもありません。

★坂本金八の名前の由来は、武田鉄矢さんの尊敬する坂本龍馬の“坂本”と、3年B組金八先生が毎週金曜日の夜8時から放送されていたため“金八”、合わせて坂本金八となっています。

★加藤優役の直江喜一さんと、乾先生(数学)役の森田順平さん。ドラマの中では衝突したりしていますが、実は直江さんは森田さんを大変尊敬されていたそうで、撮影中は演出の相談をしたり、ドラマ終了後も交友が続いているそうです。

★森田順平さんは、赤面症を理由に俳優から声優に転向されました。こんなに名役者なのにと個人的には本当に残念で仕方ありません。

★加藤優で一躍有名になった直江喜一さんですが、実は3年B組金八先生Ⅰで楓中学校のヤンキー生徒役として、俳優の柳沢慎吾さんとと一緒に、不良少年の佐々木という役名で出演していました。

★直江喜一さんは、当時世間の人から怖いというイメージを持たれていたそうです。その一方で全然知らない人から「加藤優喧嘩しよう」と言われたり、後から襟首を掴まれたりといったことがあったそうですが、そういうときは「逃げるが勝ち」だったと、後年テレビ番組の中で仰っています。

★撮影中、直江喜一さんが武田鉄矢さんに「ちょっと来い」と呼ばれ、武田さんが直江さんのセルフが書かれた台本を読むとそれだけで涙が出てきたそうで、「読んでるだけでも涙がでるのにそれを泣かそうと思うから台詞が生きてこない」と一括され、そこから気持ちが変わったそうです。

★直江喜一さんは、中島みゆきさんの世情が流れ連行されるシーンの最後に金八先生に一礼するシーンでは「俺の顔を撮ってね。かっこよくね」ではなく、「先生どうもありがとう。もういいよ。」という気持ちで逆にいい顔ができたと述懐されています。なので、自然にあのような(神懸かった)表情ができたんですね。

★直江喜一さんは、「金八に出たのは一生の宝物。あの時が一番輝けた。きらきらしてて、あのときのことが今でも生活の糧になっている。」と述懐されています。

★国井先生(理科)役の茅島成美さんは、俳優中尾彬さんの元奥様です。

★第24話で、金八先生が加藤と松浦にビンタをしましたが、台本にはそのようなことは書かれてなく武田鉄矢さんのアドリブだったそうです。ですので後ろにいた不良役の生徒が驚いた顔をしていましたがあれも演技ではなく、本当に驚いてしまったものだと思われます。

★金八先生シリーズ恒例の最後の謝恩会の台本は白紙だそうです。武田鉄矢さんの真の言葉がそのまま放映されているんですね。


※教頭の野村先生役をされた早崎文司さん、スナックZのマスター役岸森敏夫を演じられた古尾谷正人さん、松浦悟役を演じられた沖田浩之さん 加藤優の母親役を演じられた千之赫子さんは、お亡くなりになっています。素晴らしい青春の想い出を本当にありがとうございました。


コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 3年B組金八先生2と加藤優(直江喜一)のファンサイト All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます