卒業式前の暴力Ⅰ - 3年B組金八先生2と加藤優(直江喜一)のファンサイト

卒業式前の暴力Ⅰ

加藤優の就職祝いをスナックZで行う3Bの仲間。みんなで盛り上がっていたところに荒谷二中の加藤優の不良仲間が元番長の加藤に卒業式のボイコットを手伝って欲しいと頼みに。。。

友達思いの加藤優は現クラスメートと荒谷二中の元仲間との間で揺れ動くことに。

そんなとき、荒谷二中の不良の後を付けていた警察がスナックZに乱入。そこにいた全員を補導してしまいました。

金八先生と校長先生の説得で何とか解放してもらえましたが、みんな血の気が引いてました。

その後、自分のアパートで不良仲間に卒業式のボイコットを止めさせようと説得する加藤。

でも結局は友を大切にする優しさ故に一緒に荒谷二中に行くことを決心してしまいました。

翌日、そんな加藤の心を見透かしたように松浦が加藤のアパート前で待ち伏せして、荒谷二中へ行かせまいと必死で体を張って説得するものの、加藤は松浦の制止を振り切り、猛ダッシュで荒谷二中へ向かう。

荒谷二中での暴力事件。放送室に立てこもって先生達に話しをする加藤。3年B組金八先生2いよいよクライマックスへと突入です。

放送室での加藤優の発言には、金八先生から受けた言葉が至る所で出てきます。

【管理人のつぶやき】

★スナックZに現れた不良仲間の方が、加藤より悪そうですが、そんな不良仲間を束ねる荒谷二中の番長だった加藤はやっぱり只者ではない^^;

★高校の合格発表をクラスメートのためにわざわざ、高校まで見に行く加藤優。もう完全に3Bの仲間入りです。

★真っ赤な公衆電話。時代を感じますね。公衆電話にも赤、黄色、緑と色々ありました。

★「オレ、まともに卒業できるんで嬉しいよ。」ってクラスみんなの前での発言。転入時の表情と全然違います。すごい成長!

★警察ってこんなもんですか!?規則通りにしか物事を進められない?
「先生には申し訳ないけどね、我々の仕事というものはそういう性質なものなんだよ」
はい。悔しいけれど納得します。

★「おい」と、アパート下から元不良仲間が声を掛けたとき多くの人がドキってしたのではないでしょうか。スナックZで加藤に裏切られたと仕打ちに来たかと思いましたが、違いましたね。やっぱり加藤優は“本物の番長”だったようです。

★人の道を説くお母さん。加藤優の優しさはお母さんから多大な影響を受けたものですね

★「僕の生徒を返してください」こんな先生ばっかりだったら最高です。

★加藤が倒れた後、「このやろう」と松浦が言いながら加藤に迫る場面。ちょっと不自然な「このやろう」だと気になってしまう管理人。

★「就職が決まったからと言って 今逃げ出したら オレはもう人間じゃねえ!」強烈な友達思いだと思いませんが?我が身を捨ててまで。。

★職員室の机の上で座りながらじっと戦況を見つめる加藤優。荒谷二中の不良達ではもうどうしようもなく、みんな加藤頼みです。無言のまま先生にゆっくりと歩み寄る姿には凄味があります。

★椎野くん、いい所で現れました^^

★荒谷二中では既に不良たちが非常ベルや窓ガラスを割ったり消化器をぶちまけたりとやりたい放題ですが、実際約30年程前の管理人の中学時代もこれに近い校内暴力はありました^^;

★音羽先生は、きっと先生になりたての頃は、希望に満ち溢れ生徒に対し一生懸命向き合っていたと管理人は信じたいです。当時は本当に学校荒れていましたから。。。それにしても、音羽先生の役者魂凄いと思いませんか?当時の視聴者はみんな音羽先生が大嫌いでした。今改めて見てみると演技が上手すぎます!

★「あー良くないとも。一番悪の音羽逃げちまったんだもんな」絶妙なタイミングです。

★「教育ってのは、悪にレッテル貼ってもっと悪くすることじゃねんじゃねっすか?」正にその通りですね。

★「授業が分かんねえことがまるで悪いことみたいに叱りとばされてよお」
管理人の中学時代は本当にこんな先生がいました^^;


  • No Tag
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 3年B組金八先生2と加藤優(直江喜一)のファンサイト All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます