腐ったミカンの方程式・その1~金八先生第2シリーズ第5話のあらすじ - 3年B組金八先生2と加藤優(直江喜一)のファンサイト

腐ったミカンの方程式・その1~金八先生第2シリーズ第5話のあらすじ

腐ったミカンの方程式・その1~金八先生第2シリーズ第5話のあらすじ

WS000152.jpg

『先生、加藤が腐ったミカンだとしたら、人質に取った女生徒に向かって
“悪かった”
と言うでしょうか?』




荒谷二中から3年B組に加藤優(直江喜一さん)という、何度も警察沙汰を起こしている札付きの悪が転校してくることになり、桜中学は生徒も先生も大騒ぎです。

そして

荒谷二中の番長としてその名を轟かせていた加藤優は、桜中学の番長として君臨していた松浦悟(沖田浩之さん)に、転入早々教室で足をひっかけられ、殴り合いの大喧嘩に発展してしまいました。

加藤優は迫田八重子(川上麻衣子さん)を人質に取りながらそのまま教室を飛び出しました。

残った3Bの生徒たちは「あんな乱暴な人は嫌だ」などと再び大騒ぎになりましたが、唯一迫田だけは加藤優のことを「悪い人ではないのではないか」と、優が去り際に謝罪の言葉を口にしてくれたことを告白。

その夜、

加藤優が荒谷二中の2年生の時の担任であった米倉先生(浜村純さん)が金八先生(武田鉄矢さん)を訪ね

「腐ったミカンは周りをどんどん腐らせる。だけど人間が15歳で腐りきるはずがない」と伝え、加藤が悪いんじゃない、加藤は父親がサラ金で大金を借り倒して蒸発して以来荒始めたということを教えてくれました。

やがて、荒谷二中の卒業生を中心とした暴走族魑魅怒呂(ちみどろ)のたまり場、スナックZのオーナーである岸森敏夫(古尾谷雅人さん)から「坂本を一人で来させろ」と桜中学に電話が入り、坂本先生は恐る恐るスナックZを尋ねました。

一方で桜中学には石が投げ込まれ町には50台以上の暴走バイクが集まり始めてしまいました。。。

3年B組金八先生 DVD-BOX 第2シリーズ [DVD]

★加藤優の初登場シーン。教室で暴れる場面は迫力満点!松浦悟の引きつった顔や優が椅子を振り回した際周りの生徒がとっさに身を避けるところが印象的で、正に芝居を超えた芝居だといってよいでしょう。

★金八先生が、のちに職員室で校長先生や教頭先生へ言った“それは教育のプロがやることじゃない”“人間の精神が腐りきるなどということは絶対にない”という言葉や腐ったミカンの方程式のこと、また卒業式前の暴力で警察署で荒谷二中の先生や警察官へ言った言葉の節々に、この回で米倉先生から聞いた話の内容が出てくるんですよね。

★上林先生(川津祐介さん)が岸森敏夫に話をつけてくれなかったら、また岸森敏夫が神津清一(田浦智之さん)を中心とする暴走族グループ魑魅怒呂との間に入ってくれていなければ、金八先生や桜中学また松浦悟はどうなっていたか分かりません。

★「今度の学校だけはどんなことがあっても乱暴はしないってあの子、約束してくれたのにこんなことになるなんて。もう私どうしたら良いか。今度何処へ行ったら良いでしょうか。このスーパーだって今日から働き始めたっていうのに・・・」というお母さんの言葉。切なすぎます。。。

★「私にできることがあったら何でも仰って下さいね」
「悦子先生がそこまで仰ってくれるのなら僕が転校生になりたいです。」
これだけシリアスな回であっても、このような会話があったりするところが金八先生なのかもしれません。


コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 3年B組金八先生2と加藤優(直江喜一)のファンサイト All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます