13話 『同窓会・贈る言葉』 - 3年B組金八先生2と加藤優(直江喜一)のファンサイト

13話 『同窓会・贈る言葉』

この回は、加藤優は主役というわけではないですが。。。

登場シーンでは、家庭のために学校が終わり帰宅後すぐに働きに出る加藤優と複雑な家庭環境のためゲームセンターに通ったり、継母に反抗してしまう松浦悟との対比が描かれているわけですが、どうしても加藤優の大人びた姿が印象付けられます。

【管理人のつぶやき】

★「はい。誠に持って」と教頭先生に謝る金八先生の姿。思わず笑ってしまいました。

★お歳暮を配達する加藤優の姿を見たときの松浦。多分、「すごい奴だなあ」とか一種の憧れとか羨ましさとかといった感情を抱いたのではないかと勝手に想像してしまいました。

★「親ならぶっ飛ばしてやりゃあいいんだ」かなり乱暴な言葉ですが、加藤優特有の優しさですね。

★気になる女の子が他の男の体に触っているのを目の前で見たら、授業終了後足早に教室を後にするのを追いかけ陰からそっと見つめる姿を目の前で見たら、そりゃあ良い気しないですよね。中学生だもんね。しかも相手が加藤優となれば。松浦の気持ちよく分かります。


  • No Tag
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 3年B組金八先生2と加藤優(直江喜一)のファンサイト All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます