金八先生第2シリーズについて - 3年B組金八先生2と加藤優(直江喜一)のファンサイト

金八先生第2シリーズについて

金八先生とは、昭和53年にTBSで放送された第1シリーズを皮切りに現在まで第8シリーズまである人気の学園ドラマで、各シリーズ共にその時代の時事問題や教育現場における問題が取り上げられてきました。

金八先生第2シリーズは、昭和55年10月3日から昭和56年年3月27日まで放送され、全24話の平均視聴率は26.3%を記録し、全てのシリーズの中で、平均視聴率はトップでした。

この第2シリーズでは、主に暴力による“いじめ”に焦点がおかれ、当時大きな社会的現象、社会問題であった、校内暴力が大きく扱われています。

本来武田鉄矢氏扮する坂本金八がこのドラマの主人公であるはずでしたが、この金八先生第2シリーズでは荒谷二中から桜中学校にやってきた加藤優(直江喜一氏)の存在感があまりにも際立っていました。

特に放送室に立てこもり荒谷二中の先生に謝罪させる場面、中島みゆきさんの歌う世情をBGMに一切の台詞をなくしスローモーション画像で警察に連行される場面、腐ったミカンの方程式などはあまりにも有名です。

約30年以上経った今。

日本人が忘れかけてしまっている、人情とか心の優しさとか真の強さとか思いやりとか、この金八先生第2シリーズには全て詰まっています。

往年の金八先生ファン、加藤優ファンの方だけでなく、学校の先生方や生徒さん、そのお父さんお母さんまで、全ての人がこのシリーズを通し、きっと何か学べるものがあります。どうぞごゆっくりご覧になられて下さい。


コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 3年B組金八先生2と加藤優(直江喜一)のファンサイト All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます